カジノゲームに関する統計は、非常に興味深い点がたくさんあります。これらについて深く研究することで、カジノで勝つ確率を上げることができるでしょう。では、統計はどのように作られるものなのでしょうか?また、信頼できるものなのでしょうか?以下にて、詳しくみていきましょう。

カジノゲームの統計は、すべてのゲームオッズを計算している数学者チームによって作られるものです。プレイヤーにとって大きなチャンスがあるゲームもあれば、勝つ見込みの少ないゲームもあります。勝てる可能性が低いことで有名なのがスロットです。スロットではマシーンを相手にプレイします。プレイしてしばらくすると当たることがあるのですが、その確率はかなり低く設定されています。 

まずは、ブラックジャックのオッズから見ていきましょう。他の2つのテーブルゲーム(バカラとクラップス)と比べて、ブラックジャックが最も高クオリティーであるというのが私達の意見です。カードを用いたおもしろいゲームであるブラックジャックは、雰囲気も素晴らしく、プレイヤーも良い人達ばかりです。ブラックジャックでは、勝つチャンスは大いにあり、勝率はなんと49%となっています。非常に優れたオッズとなっていますが、ブラックジャックをプレイするなら、立ち振る舞いには十分注意しましょう。 

頭を使う必要の無いゲーム、それがクラップスです。クラップスは、ダイスを使ったとても有名なゲームです。あれこれ考えずにただ遊びたいという方にぴったりなクラップスでは、ハウスエッジは1.41%となっています。つまり、これは勝つ可能性がかなり低いということです。 

バカラは、その勝率の高さから大変な人気を獲得しました。バカラのハウスエッジは1.02%から1.25%となっています。カジノゲームの中では非常に良いオッズです。バカラではどちらに賭けるかを選ぶ必要があり、プレイヤーとバンカーのどちらも選ぶことができます。基本ルールは、9に近い数を作った側に賭けた人の勝ちとなります。